交換留学プログラム

独日協会:
独日協会は日独双方向の青少年交流を支援する団体であり、青少年交流事業は最も重要な業務の一つです。異文化に対する理解を深め、同年代の若者と交流する機会を提供し、生涯に渡る友好関係を築くことを目的としています。


日本の独日協会ならびにドイツの日独協会会員のためのホームステイプログラム:

このプロジェクトは17歳から27歳までの青少年にホームステイを通じて海外の国と人、生活や文化、歴史について知る機会を提供することを目標にしています。ホームステイ先の家族とコミュニケーションをとるために日本語、英語またはドイツ語のうち、最低一言語の知識があることが参加条件です。滞在期間は個々の要望に応じて2~3週間です。詳細は 独日協会へお問い合わせください。

Deutsch-Japanische Gesellschaft in Bayern e.V.

Marienplatz 1 / II
80331 München
Tel. +49 89 221863
djg-muenchen@t-online.de

STEP IN:
日本でのワーキングホリデー18歳から30歳までのドイツ人であれば日本でのワーキングホリデービザを申請することができます。この特別なビザは生涯に一度しか申請することができません。日本で休暇を過ごす人が日本滞在期間中に、滞在費を補充する目的でアルバイトをすることを許可するのがワーキングホリデービザです。ステップ・インは旅行日程の作成とアルバイトの手配をサポートする団体です。

連絡先:STEP IN e.V.
Beethovenallee 21
53173 Bonn
Tel.: +49 228 956950
info(at)step-in(dot)de
www.stepin.de


JETプログラム(Japan Exchange and Teaching Programme):

JETプログラムはベルリンの日本大使館と日本総領事館が主催しており、日本に1~5年滞在し、

- 国際交流のコーディネイト役-

として働く機会を提供します。

詳細はベルリンの日本大使館にお問い合わせください。

 
KOPRA (コプラ)- Koordinationsstelle für Praktika e.V.

KOPRA (コプラ)は国際的なインターンシップ(企業での職業研修)を支援する団体であり、海外での研修先探しや研修先の斡旋を行っています。KOPRAはこの活動を通して企業の国際化を推進すると共に、企業の幹部候補生に対し異文化対応能力を養う機会を与えています。


NGES (Nippon German Exchange Services):

日独交換サービス(NGES)は日本とドイツにおける文化交流と国際的職業人育成の分野で活動しています。提供しているプログラムは、「日本、あるいはドイツでの職業研修」、「日本語セミナー(ドイツ人向け)」、「ドイツ語セミナー(日本人向け)」、「国際マネージメント」、「ビジネス・スキル」、「ドイツでの日本人職人養成プログラム」などです。 



ドイツ事務所:
Rittnertstrasse 2a
76227 Karlsruhe
Germany

日本の連絡先:

内野 麻由美
E-Mail:uchino@nges.de

語学と研究のための奨学金:
語学のための奨学金は、日本の大学で学ぶ外国の学生を対象に1年間支給される奨学金です。また、日本の文部科学省が主催する研究のための奨学金は、大学の専門課程または必要な課程を履修し終えて更に専門分野について学びたい学生、もしくは研究のために日本に滞在をする方を対象に支給される奨学金です。この二つの奨学金の支給要件はDAAD(ドイツ学術交流会)の選考基準に則っています。奨学金の募集要項はDAADの奨学金データバンクをご覧ください。