ニュース / 日本埼玉県・さいたま市からバイエルンの投資

日本埼玉県・さいたま市からバイエルンの投資

バイエルン州とさいたま市の交流

経済圏埼玉には1.300.000人もの住民が住んでいる日本で最も新しい百万人都市、さいたま市があり、新幹線を使えば東京から22分ほどの速さで辿り着ける。
JETROの“地域間交流支援プログラム”の一部として、バイエルン州とさいたま市は2012年から2015年の間にメカトロニクスと医療技術の分野で初の交流を実現した。
バイエルン州からはメカトロニクス・オートメーションクラスター、MedTechPharmaとニュルンベルク商工会議所が参加した。この交流の内容は、双方の経済使節団の訪問やマッチメイキング、専門的な見本市への参加であった。この成功例のおかげで、2015年以降もさいたまと二つのクラスターはパートナーシップを続けている。昨年から引き続き、メカトロニクス・オートメーションクラスターは今年も日本の中小企業のトップのエンジニアをサマースクールの一環としてニュルンベルグに招待した。来年始もまたクラスターの代表がさいたまを訪問する予定である。

このようにバイエルン州と埼玉県・さいたま市の交流は決して一方通行ではなく、双方の積極的な参加で可能になった活発な交流である。

 

埼玉企業のバイエルン進出

埼玉の企業のバイエルン進出も既にいくつか実現している。最近の記録を眺めてみると、何社か日本の自動車業界の有名企業が目に留まる。
例えば2015年には株式会社ショーワがバイエルン州(ミュンヘン)に支店を新設した。

1938年に設立されたショーワは、本社が埼玉にあり、四輪者/二輪車用のショックアブゾーバを始めとした高品質の自動車部品を製造、販売している。この企業の得意先は完成メーカーのホンダ、トヨタ、日産の他に、BMW、ドゥカティ、ハーレーダビッドソン等である。欧州ビジネスの拡大を目的として、得意先に近い場所での迅速かつタイムリーな営業活